ホーム » 【感動】「客だぞ!土下座しろ!」高校生の女子バイトに執拗に迫る理不尽客。すると店長が凄い剣幕でアルバイトに一言…

【感動】「客だぞ!土下座しろ!」高校生の女子バイトに執拗に迫る理不尽客。すると店長が凄い剣幕でアルバイトに一言…
2021/09/29
2021/09/29

アルバイト先での出来事

みなさんも就職する前にアルバイトを

された方も多いのでは?

今回話題になっているのはアルバイト先で

経験したあり得ない出来事でした。

もしかしたらみなさんの中にも

こういった経験がある方もいるかも

しれませんね!

人生初めてのアルバイト

投稿者は今回初めて接客業の

アルバイトだったそうです。

当初はお客様への対応に慣れなかった

みたいです。

しかし、投稿者は仕事も接客も徐々に

慣れていきこのスポーツ用品店での

アルバイトを好きになったそうです。

しかし接客業となれば様々なお客様の

お相手をしなければなりません。

もちろん、そんなお客様の中には

かなりイタイお客さんが!

そのイタイ中でも群を抜いて投稿者の

記憶に残っているお客様との

出来事があったそうですよ!

女子高生のアルバイトの子の指導係に

投稿者がフロアの担当をしているときに

高校生の女の子が夏休みの間だけ

短期でアルバイトをすることに!

投稿者が指導係だったので

付きっ切りで教えてあげていたそうです。

しかし、週末ともなると客入りが多いため

女子高生への指導ばかりに時間を費やす事

が出来ずじまいになっていました。

次第に投稿者はレジ作業やお客様への

商品説明に追われていってしまい…

一生懸命な女子高生

まだ女子高生はレジ作業も覚えたばかりでした。

週末になると客足が増える中、女子高は不慣れ

ながらも一生懸命お客様に対応していました。

怒号が店内に響き渡る

しかし、客足が一気に増えた時に

怒号が店内に響き渡ります。

投稿者は急いで声のするレジ方面へ

向かってみると、新人の女子高生

アルバイトに対しお客様が大激怒

していました。

「何かミスでもしちゃったかな?」

と思いながら、お客様から事情を

聞くと何とも理不尽な事で怒っており…

おばさんが執拗に女子高生を責める!

おばさんと女子高生のやりとりが

こちらです。

おばさんは…

「サイズが無いとはどうゆう事?

せっかく休みの日に時間作って

足を運んでやってるのに無い

とはどうゆう事なの!?」

と怒りを女子高生にぶつけます。

すると女子高生は…

「申し訳ありません。

そちらのサイズは現在在庫が

当店にございませんので、

他店からのお取り寄せになります。」

と丁寧に説明するのですが

とにかく女子高生アルバイトを

責め立て続けるのです。

彼女の対応は何1つ間違えていない

しかし、女子高生の対応は何1つ

間違えていませんでした。

彼女は当店のマニュアル通りの対応に加え

お客様に対し「申し訳無いという表情」

と「態度」で誠心誠意対応したのですが…

おばさんはそれでも納得できずに…

女子高生が誠心誠意対応しても

おばさんは納得するどころか…

「はあ⁉︎ 他店舗にあるなら

今すぐあんたが取ってきなさいよ!

何をふざけた事言ってるの?

同じ店なんだから取ってくるのが

当然じゃないの?」

と言われてしまい、投稿者も指導係

ということもあって一緒に何度も

謝罪したのですが納得してもらえません。

引かないおばさん客!

何度謝罪をし、何度説明をしても

一向におばさん客は理解してくれません。

「これにはさすがに限界!」

と思っていた矢先に背後から店長兼マネージャーが

凄い剣幕で出てきて、一言おばさん客に言いました。

するとおばさん客は…

店長はなんて言ったの?

店長は目の前にいるおばさん客に

バッサリと…

「申し訳ありませんが、退店頂けますか?」

と言います。

するとおばさん客はさらに火がつき

売り言葉に買い言葉で返すことに…

「土下座ものよ!」と言われ…

さらに店長は冷静なまま続けて

おばさん客に対し…

「あなたはお客様ではありません。

お客様は神様ではないんですよ。

私たちも、すべてのお客様を

お客様とは思いません。

こちらにも選ぶ権利があります。

あなただけの相手をするためにお店を

運営しているわけでも、私達は働いている

わけでもございません。

他のお客様が気持ち良くショッピングを

することが出来ませんので…

土下座もいたしません。

ですので、どうぞおかえりください!」

とキッパリと告げました。

「お客様は全てがお客様ではない。」

理不尽なことをいうお客さんに対しては

今回の店長のような対応をした方が

いいのかな?

とも思いました。

お客さまあっての商売ですが、

お客さまを選ぶ権利も私たちには

あるのかもしれませんね。

引用元:https://academic-box.be/archives/39740,記事の削除・修正依頼などのご相談は、下記のメールアドレスまでお気軽にお問い合わせください。[email protected]

コメント